ストレスは転職で軽減できるのか

転職によって、ストレスは軽減できるのでしょうか。その疑問、ちょっと解決してみましょう。
MENU

ストレスは転職で軽減できるのか

社会人として生きる上で大きな悩みでもあるストレス。
皆さんはストレスが溜まった時、どのようにして発散していますか?
私はストレスの発散方法がうまく見つけられず、塞ぎ込んでしまった時期がありました。
ストレスが溜まると、イライラや緊張から肩こりや頭痛を引き起こすケースが多いのも事実です。
ひどくなると、吐き気やめまいが起こり、出社することさえ困難になることもあります。
また、蓄積されたストレスは、うつ病になってしまったり、胃を傷つけてしまうこともあります。
心だけでなく、体にも影響するストレスは、やはりできる限り溜めて欲しくはありません。
ストレスはできる限り溜めずに、解消して楽しく働きたいものですね。

 

 

 

今の仕事環境でストレスを発散することができない場合

たとえば、今現在働いている場所、環境などで自分で変えられることがあったら変えてみましょう。
デスクが汚ければ、キレイにしてみればいいし、残業が続くようであれば、たまには割り切って早く帰ってみるなど、できることはした方がいいと思います。
ただし、問題なのは対人関係や仕事のいノルマによるストレスです。
こればかりは、自分の力ではどうにもならない場合が多いし、上司に相談にするにしても、相手を辞めさせる訳にはいきません。
となると、自分が折り合いをつけるしかないのです。
しかし、これができれば苦労はないわけで・・・。
ノルマについても、気にしない人と気にする人の違いであり、達成できてもできなくても気にならなくなればいいのですが、それは性格なので、なかなか変えるのは難しいですね。

 

 

転職すればストレスは軽減される?

ストレスによって転職をした場合、転職先に求めるのは、ストレスのない職場環境ですね。
しかし、実際にはストレスのない場所なんてないと私は思います。
では、少しでもストレスは軽減されるのか・・・正直これはわかりません。
結局転職した先がもっとストレスの溜まる環境であるケースも考えられるので。
ただ、働き出しの頃は緊張感はあるものの、だいぶ楽に過ごせると思います。
慣れるまでは人は緊張の方が勝っていて、他のストレス要因に気付きにくいものですからね。
結論としては、転職して最初の頃はストレスは軽減されるけれど、慣れてきたらどうなるかはわからないといったところです。

 

 

転職してもストレスがあるかもしれない中、それでもやりたいことがあるのであれば、そこは積極的に取り組んでみてもいいのかなと私は思っています。
やりがいがあるとストレスもやりがいに変わることがありますからね!

このページの先頭へ