転職するにあたって、建前としての理由

転職する際に必要な、建前としての理由をお伝えします。
MENU

転職するにあたって、建前としての理由

転職する際に、面接で以前の会社の退職理由を答える機会があります。
そのとき、本音をそのまま伝えてしまっては、悪印象を与えてしまうこともありますので、気をつけなければいけません。
では、過去に転職経験のある方たちは、転職理由をどのように述べているのでしょうか。

 

 

 

転職理由〜タテマエ編〜

多くの方たちは、建前で「キャリアアップしたい」ということを伝えているようです。
キャリアアップしたいというのは、前向きな考えになり、面接官に悪印象を抱かれる危険は回避できるため、タテマエとしては有効な理由になります。
また、本音でありながらも、「仕事内容が面白くない」や「労働時間の不満」、「環境の不満」を述べている人も決して少なくはありません。
事実は事実として、残業を減らす努力を具体的にこのようにしてきたけれど、一向に減らなかった場合は伝えるのも悪くはない場合もあります。
ただし、これを受け入れてくれるかどうかは面接官にもよります。

 

 

ネガティブな理由は述べてはダメ?

建前として、転職の面接では退職理由をポジティブに答えることは大切です。
しかし、どう考えてもネガティブなことしかない場合もありますよね。
そんな時はどうしたらよいのでしょうか。
その場合には、ネガティブな理由にプラスして、ポジティブな理由を述べるようにしましょう。
といっても、ネガティブな理由も言い方には気をつけた方がよいでしょう。
あまり本音でネガティブな理由を述べてしまうと、印象が悪くなってしまう危険がありますので、くれぐれもご注意を。

 

 

企業が知りたい本音

面接で転職理由を聞くことによって、面接官は応募者の仕事に対する意識・姿勢、トラブルが起きた場合の対応を見ています。
転職はいい場合もあれば、ただ単に現実逃避として転職をしている可能性もありますからね。
となると、面接官に絶対伝えてはならないことが見えてきます。

  • 現実逃避
  • 努力不足
  • 仕事に取り組む姿勢
  • 業務内容や人間関係への不満のみ

こういったことは、印象が悪くなります。
逆に、努力をして残せた結果や前向きな姿勢をきちんと伝えておくことができればいいですね。
また、将来像や目標をきちんと組み立てて伝えることができると、よりプラス評価になっていくでしょう。

 

 

転職をすることは、自分にとってプラスになる機械なわけですから、せっかくの機械を残念な結果にしてしまわないために、転職理由はきちんとまとめて簡潔に、そして明るくポジティブに伝えられるように準備しておきましょう。

このページの先頭へ